デザイン

【まとめ】オリジナル名刺の作り方は何がある?クオリティをあげる2つの方法

  • 名刺交換で自分だけ名刺を持っていなくて、気まずかった。
  • サイトやお店のデザインと、名刺のデザインを統一したい。
  • 自分のキャラを表現した名刺で仕事につなげたい。

名刺がないばかりに、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうのは、実にもったいない話です。

一方で名刺にこだわるのはナンセンスという意見もあります。ただ紙切れに、お金をかけるのは馬鹿らしい。

本当にそうでしょうか?

チャンスを確実にゲットする人ほど、こだわった名刺を持っていたりしますよね。個性的な名刺たった1枚で、お客さんの心をうまくつかみ、実績につなげることはできるのです。

そう思えば、オリジナル名刺を持っていても損はありません。とは言っても肝心の作り方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、オリジナル名刺の作り方を2つご紹介します。

この記事でわかること
  • ネット印刷サイトで名刺を作る方法
  • デザイナーに名刺を依頼する方法
  • 名刺デザインの料金相場
  • あなたに合った名刺の作り方チェックシート
  • どうすれば個性的な名刺を作れるのか
ナカガワ
ナカガワ
誰かに渡したくなるような名刺は、実はカンタンに作れますよ!

オリジナル名刺の作り方

オリジナル名刺の作り方はたったの2つ。どちらもインターネットでカンタンにはじめられます。

  • ネット印刷サイトで自分で作る
  • 専門のデザイナーに依頼する

問題はこの2つのどちらの方法で作るべきなのか。以下にタイプ別にまとめました。

デザイナーに頼むべきタイプの人
  • イラストを入れたい
  • 変わったレイアウトにしたい
  • 色にこだわりたい
  • サイトやSNSの雰囲気に合わせたい

こだわりが強い場合や、人と違うデザインにしたいという人は、デザイナーに製作してもらうのがいいでしょう。

優秀なデザイナーなら、あなた自分の想像を超えた素敵なデザインを作ってくれるはず。

ナカガワ
ナカガワ
あなたのイメージにバッチリハマったデザインができあがると、本当にテンション上がっちゃいますよ!

デザイナーに簡単に仕事を依頼できるサイト「ココナラ

ネット印刷で作るべきタイプの人
  • シンプルに文字だけでいい
  • デザイナーにうまく指示できるか不安
  • ひとまず自分で作ってみたい

ネット印刷サイトとは、あらかじめ決められたテンプレートをあなた自身で編集する形です。ですので、デザイナーに依頼するよりも気軽に名刺を作られるのが魅力。

また、料金もデザイン・印刷を含めて1000円〜3000円ほどなので、とりあえず作ってみたい時にもピッタリです。

オリジナル名刺をあなただけの広告ツールとして活用しよう

オリジナル名刺は言ってしまえば、あなただけの広告ツールです。

時にはブログやSNSよりも、強力にあなたのことをより深く知ってもらうきっかけになることも。

その考え方は、名刺を単なる自己紹介カードではなく、広告ツールとして利用するというもの。そのために必要な考え方は「インパクト」「QRコード」です。

名刺を広告化する1番の方法は「インパクト」を出す

言わば名刺は、連絡先が書いてあるただの紙切れ。渡したあとは、基本的には読み返すことありません。

となれば名刺にインパクトが必要な理由は分かっていただけるはず。普通すぎる名刺では、あなたの印象はまったく残らないでしょう。

それでは、名刺がもったいないですよね。

街にある広告や商品パッケージをイメージするとわかりますが、どれも注目されるインパクトのあるデザインになっています。

個人で作る名刺にも、この発想を取り入れてもいいのです。たとえば。

  • 色をたくさん使って派手にしてみる
  • 逆に名前だけの極端にシンプルなものにする
  • イラストやアイコンを使って記憶に残りやすくする
  • 奇抜なレイアウトにしてみる

思いつくアイデアとしては、こんな感じでしょうか。

広告ツール化した名刺があれば、あなたのことがより伝わりやすくなり、興味を持ってくれる人が増えます。

まさに、気になるパッケージの商品を思わず手に取ってしまうようなものですよね。

これと同じことを起こすことができれば、あなたの勝ちというわけです。

名刺からスムーズにブログやSNSにアクセスできるQRコード

名刺を広告として利用するなら、もう1ついいアイデアがあります。

あなたのSNSやブログをQRコードにして名刺にのせる方法です。

インパクトを演出した名刺にQRコードがあれば、かなりの人がQRコードからアクセスしてくれるはず。

まさに広告効果ですよね。あとはそのブログにあなたの実績や仕事内容などがあれば、仕事へのチャンスはさらに増えることでしょう。

ナカガワ
ナカガワ
僕自身も、QRコード入り名刺をもらうようになりました。カメラで読み取るだけなので、自然とアクセスしたくなるんですよね。

オリジナル名刺には最低でも1万円の予算を出そう

そんな広告効果を作ることができるオリジナル名刺。実際のところ予算はいくらかかるのでしょうか。

現実的な価格として1万円を目安にしてみるといいでしょう。

名刺のコストは、「デザイン料」「印刷代」の2つ。この2つを合わせて1万円に収まるようにできるのがベスト。

作ったデザインを長く使うことを前提に考えれば、1万円という価格はそこまで高いということもありません。

ナカガワ
ナカガワ
この先3年間使うとすれば、1ヶ月あたり277円。こう考えるとデザインにお金を払うモヤモヤもちょっとはスッキリしますよね。

広告ツールとしてうまく機能する名刺になれば、費用対効果としても悪くないです。

結論としては、ある程度お金をかけてでも、最初にしっかりとしたデザインを作っておく方がいいというもの。

名刺の自作はお金と時間のムダ!絶対やめるべき理由

こだわりを追求していると、自作というアイデアが浮かぶこともあります。この場合の自作というのは、エクセルやワードを使って自分で名刺を印刷するということです。

これはおすすめはしません。

理由はカンタンで、手間がかかる割に良いものはできないのと、それほど安くないということ。

はっきり言って、お金と時間と労力の無駄です。

ナカガワ
ナカガワ
それならばいっそ、安くて、質が良くて、早く届く「ラクスル“"」で名刺を作りましょう!

では、具体的な作り方を見ていきましょう。まずは1番気軽な「ネット印刷サイト」から。

オリジナル名刺の作り方1:ネット印刷サイト

ネット印刷サイトで名刺を作るというのは、一体どういうことでしょうか。

カンタンにいうと以下のような流れです。

  1. ネット印刷サイトに登録
  2. あらかじめ用意されたデザインテンプレートを選ぶ
  3. 自分自身で名前や住所などの情報を打ち込む
  4. 枚数や紙質を選ぶ
  5. 印刷

最大のメリットは、デザインから印刷までを一貫してしてくれること。その分安くなりますし、コストパフォーマンスはかなり良いです。

サイトによっては、なんと1000円でお釣りがくるものもあります。

ネット印刷サイトは、いろんな個人事業主さんが利用している人気の方法です。

上の画像はネット印刷サイトで実際にデザインした画像です。結構おしゃれでインパクトのある名刺がたくさんありますよね。

デメリット

1番のデメリットは本当の意味でのオリジナル名刺ではないということ。用意されたパーツを組み合わせて作るので、オーダーメイドではなく、カスタムメイドということになります。

とはいえ、それでも十分個性的な名刺を作ることはできます。

この画像のように、工夫とアイデア次第では、デザイナー顔負けの名刺を自分で作ることも可能です。

メリット

デザインを重視したサイトでも、100枚5000円以下で作れるのが魅力です。

何度かデザインを紹介している「ビスタプリント」というサイトでは、100枚で1738円とかなり安いです。

さらに用紙をワンランク上にしたとしても、3000円以下。デザインとコスパの両立ができているのがありがたいですね。

そしてネット印刷サイトのもう1つの特徴が、1度作れば同じデザインでの再注文が簡単にできるということ。名刺は消耗品なので、手間がかからないというのも大事なことです。

オリジナル名刺の作り方2:デザイナー

そもそもデザイナーは、一体どこにいるのでしょうか。基本的にはインターネットか、知り合いのデザイナーを探すのかどちらかになります。

  1. デザイン事務所に連絡する
  2. フリーのデザイナーに連絡する
  3. 知り合いのデザイナーを探す
  4. 先輩の個人事業主に聞く
  5. SNSで探す

しかし、デザイナーに依頼って、なんだか頼みにくそうな気がしませんか?はっきり言って、敷居が高いのは事実だと思います。

特にデザイン事務所は、基本的には企業が依頼するものなので、個人で依頼するにはちょっと大げさです。

ではどうするか。フリーのデザイナーが集まるサイトに行ってみるのをおすすめします。言ってみれば、デザイナーのフリーマケットみたいなものです。

かなり気軽にデザイナーに依頼することができます。

ココナラのデザイナーに依頼する

フリマと言われると、ついつい「品質は大丈夫か?」と不安になりますが、そこにいるのは本業のデザイナーさんばかり。

お金をもらって、仕事としてあなたの名刺をデザインしてくれるわけですから、そこは安心してください。

デメリット

デザイナーに依頼すれば、もちろんクオリティは上がりますが、デザイナーに依頼するデメリットはないのでしょうか。

デザイナーのデメリット
  • デザイン費用が高くなる
  • 自分の要望を正確に伝えないといけない

まずはお金がかかるということ。

専門知識や技術を持った人に仕事をさせるので、安くはありません。

名刺デザインの相場としては、5000円〜3万円といったところでしょうか。そのデザイナーの実力や経歴・有名度などで変わってくる部分ですので、余計にややこしいところ。

ナカガワ
ナカガワ
エアコンの取り付け工事をイメージしてもらうといいかもしれません。

そしてもう1つが、自分の頭の中にあるイメージを、正確に伝えないといけないという点です。

この部分でつまずいてしまうと、あなたの理想とする名刺は作れません。具体的なイメージを言葉にできるように準備しておきましょう。

実際の進め方としては、デザイナーがあなたに色々ヒアリングをしてくれるので、一緒にイメージを膨らませていくという感じです。

あなたが1から10までデザイナーに指示を出すわけではありませんので、安心してください。

ナカガワ
ナカガワ
デザイナーにどうやってイメージを伝えたらいいか迷っている、という人がいらっしゃいましたら、ブログの問い合わせから相談乗ります。無料の範囲で、お答えさせていただきますね。

メリット

これらのデメリットを乗り越えた時、デザイナーのメリットが見えてきます。

デザイナーのメリット
  • クオリティの高い名刺ができる
  • おしゃれで持っているだけでも楽しくなる
  • 誰かに渡したくなる

やはり何と言っても、クオリティの高い名刺が作れるのが最大のメリット。

あなたのイメージにぴったりな色味。

寸分の狂いもないレイアウト。

パッと見でも読みやすい字体。

渡した相手がおどろくような装飾。

これらは、デザイナーに依頼しないと実現するのはほぼ不可能です。誰とも違うオリジナル名刺を作るには、デザイナーの力は必須。

あなたの思い描くイメージと、デザイナーのスキルがうまく融合すると、広告ツールとしても価値がある名刺になります。

本当に自分の想いを込めた名刺を作りたいなら、ぜひデザイナーも選択肢に入れるといいでしょう

ナカガワ
ナカガワ
あなたの想像を超えた名刺ができあがると、きっとうれしくなっちゃいますよ。
ココナラのデザイナーに依頼する

【チェックシート】デザイナーorネット印刷 どちらがあなたに合っている?

デザイナーにするべきか、ネット印刷にするべきか、まだ迷っている人のために、チェックシートを考えてみました。

チェックシート
  • イラストを描いてほしい
  • ロゴも一緒にデザインしてほしい
  • 色に細かいこだわりがある
  • サイトやSNS・お店との雰囲気を合わせたい
  • オリジナルのレイアウトにしたい

このチェックシートで「YES」が多い人はデザイナー少ない人はネット印刷サイトの方を使うのがいいでしょう。

名刺の作り方まとめ

広告ツールとして、また、自分の想いを込めたオリジナル名刺を作るには、2つの方法がありました。

  • ネット印刷サイトで自分で作る
  • 専門のデザイナーに依頼する

大事なのはあなたがどんな名刺を作りたいか。せっかくの個人で作る名刺です。いろいろな部分にこだわりたいですよね。

  • ビジネスすぎないほうがいい
  • 遊び心を取り入れたい
  • 好きな色をたくさんつめ込みたい
  • 自分のキャラをうまく表現した名刺がいい
  • QRコードを入れたい

1つ言えるのは、わがままは多い方が良いということ。

要望は多い方が納得できる名刺になりますよ。そんな名刺なら、誰かにどんどん渡したくなるし、きっと素敵なリアクションがもらえます。

もちろん仕事の幅も広がることでしょう。

きっちりとしたイメージさえできていれば、あなたの時間も手間もかけずに、おしゃれなオリジナル名刺がきっとできあがります。

予算は1万円も見ておけば十分。

具体的に名刺を作る方法は、以下の記事でくわしく解説しています。あなたにあった2つの方法から名刺を作ってみてください。

4つの名刺印刷サイトをくらべる

whoo・ビスタプリント ・ラクスル・プリスタをくわしく紹介しています

くわしくみる