名刺

名刺にQRコードを入れたい時はどうする?作り方とダサくならないアイデア

名刺にQRコードを入れたいけど、どうやってもダサくなってしまう。

このように悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

QRコードを名刺にうまく取り入れるには、3つのことに気をつけるだけでいいんです。

気をつけるべき3つのポイント
  1. QRコードをなるべく大きいサイズで作る
  2. レイアウトに気を配る
  3. QRコードをカンタンに作れるサイトを使う

これらに注目するだけで、QRコードをうまく取り入れた名刺を作ることができます。

QRコードの作り方からレイアウトのアイデアまで、1つずつ解説していきますね。

この記事では僕が作った名刺レイアウト作成例を見ることができます!

すべくん
すべくん
僕はQRコードをおでこにタトゥーにして入れました。
ナカガワ
ナカガワ
マジか…。おじいさんになったら絶対後悔するやつやん。

名刺用QRコードの作り方5パターン

カメラで読み取るだけでWEBサイトやSNSにアクセスできるQRコード。実はとてもカンタンに作ることができるんです。

WEBサイトとそれぞれのSNSで作り方がちょっと違うので、1つずつ解説していきますね。

  • 自分のブログやサイト
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • LINE

QRコードは渡す相手の手間もはぶいてくれる便利なもの。うまく活用して集客アップに活用してください。

ナカガワ
ナカガワ
まずはあなたのサイトやブログのQRコードの作り方です。

WEBサイト・SNSの場合

QRコードの生みの親、デンソーウェーブのWEBサイト「QRCodeメーカー」を使うとたった1分であなたのサイトのQRコードを作ることができます。

試しにこのサイトのQRコードを作ってみましょう。

タブがURLになっていることを確認して「https://design-sube.com/」をサイトのフォームに入力します。

ちなみに「アクセス解析」という項目がありますが、今回は無効にしておきます。

あとはQRコード作成のボタンを押すだけ。終わりです。

ここで重要なことは、名刺や印刷物で使う場合は大きめに作っておかないといけません。

以下のサイズで作っておけば間違いありません。

画像サイズ:990pixel

セルサイズ:30

画像解像度:360dpi

最後に「PNG形式」でダウンロードするだけ。

ナカガワ
ナカガワ
では続いてSNSの場合ですね。

ツイッターの場合

ツイッターの公式スマホアプリからたったの10秒もあれば作ることができます。

設定→右下のQRコードマーク→QRコード表示

まずはアプリ左上にある自分のアイコンをタップしてメニュー画面を表示させます。

メニュー画面の右下の部分に、QRコードのようなマークがあるのがわかるでしょうか。これをタップするだけです。

最後にQRコードを画像として保存すれば終了です。

ちなみにQRコードをタップすると色が変わります。好きな色が出るまで連打しましょう。

フェイスブックの場合

次はフェイスブックです。こちらも公式アプリから作ります。

表示のさせ方が他のSNSとはちょっと違うので注意してください。

アプリ内で「QR」と検索→Facebookショートカット→QRコード表示

ついつい設定画面などを探してしまいますが、実は見つかりません。検索するのが1番早いです。

最後に画像として保存すればOKです。こちらも慣れれば10秒以内で作れます。

インスタグラムの場合

インスタの場合はQRコードではなく、「ネームタグ」を使います。使い方はまったく同じで、カメラでスキャンするだけ。

これがネームタグです。QRコードよりもスッキリしていて、デザイン映えしやすいですね。

マイページ→設定→ネームタグ表示

これで終了です。

LINEの場合

次はLINEです。こちらもアプリからカンタンに生成できます。

設定→プロフィール→マイQRコード

僕も「QRコードってどこにあったっけ?」とついついアプリ内を探し回ってしまいますが、この3つのステップを覚えておけばOKです。

あとはこの画像を保存すれば終了です。

たったこれだけです。カンタンですよね。

すべくん
すべくん
めちゃカンタンだな。ところでおでこに入れたQRコードどうしよう?
ナカガワ
ナカガワ
そのまま自分のおでこを受け入れていきて行くしかないな。

SNSアプリから作ったQRコードは画像が小さい

実はSNSのアプリからダウンロードした画像は印刷用にはちょっと不向きなんです。

SNSのQRコードは画面に表示させてカメラで読み取ってもらうもの。名刺に印刷することを想定してないのです。

だからといって、名刺に使えないわけではありませんので安心してください。

どうしても心配な人はこちらで作るか、後ほど紹介する名刺サイト「ビスタプリント」のテンプレを利用するといいでしょう。

名刺にQRコードを上手にデザインする方法

これでQRコードが作れましたが、名刺にうまく取り入れるにはどうすればいいのでしょうか。

ただ単にQRコードをレイアウトしただけではダサくなってしまいがち。

その理由はたった1つ。

QRコードの周りがごちゃごちゃしているから。

見ての通りQRコード自体がごちゃついたもの。シンプルにまとめようとするとどうしても邪魔になってしまいます。

これを解決する方法は2つ。

  • 名刺を両面印刷にして、裏面にQRコードだけを入れる。
  • 色や枠をつけて、他の情報とはっきりと分ける

では具体的にどうすればいいのでしょうか。

  • 色をつける
  • 斜めにする
  • ふきだしに入れる
  • 他のデザインとなじませる

こんな感じで方法はいくつかあります。実際に僕がデザインしたQRコード名刺を見てみましょう。

ナカガワ
ナカガワ
ぼくがかんがえたさいきょうのQRコード名刺のデザインはこちら!

色をつける

両面印刷にして、QRコードと他の情報を完全に分けてレイアウト。

斜めにする

斜めにしてQRコードの無機質さをスタイリッシュに緩和。

ふきだしに入れる

SNSのアイコンがしゃべっているようにデザインすることで、遊び心をプラス。

他のデザインとマッチさせるアイデア

QRコードをデザインの1部として使うことで、違和感なく取り入れることができる。

ナカガワ
ナカガワ
なんか困ったことがあったら僕のツイッターにリプしてもらうと相談に乗りますよ!

ついでにQRコードを入れやすい名刺サイトを紹介しておきましょう。

名刺にQRコードを入れるなら「ビスタプリント」が便利

ビスタプリント」という名刺サイトには、URLを直接打ち込むだけでQRコードを作れる機能があります。

この機能は名刺レイアウト用のテンプレートから、とにかくカンタンに使えます。

これまでいろんな名刺サイトを使いましたが、1つの機能としてQRコードが作れるのはビスタプリントだけです。

この方法を使えば、わざわざ別のサイトでQRコードを用意しなくてもいいので、手間なく名刺を作ることができます。

ビスタプリントのテンプレで作るQRコードをうまく使った作例5選

ビスタプリントのテンプレートだけを使って、名刺デザインを考えてみました。どんなレイアウトを作ることができたのでしょうか。

1:スペースを6つに分けて情報をわかりやすく

2:アイコンとQRコードを象徴的に

3:スペースをきっちり開けてスッキリと

4:色で区分けしてわかりやすく

5:ふきだしに入れて遊び心を

けっこういい感じの名刺がいくつも作れました。コツはシンプルにまとめるということにつきますね。

ごちゃごちゃさせると一気にダサくなってしまいます。

\ QRコード名刺をカンタンに作ってみる /

ビスタプリント公式へ

まとめ

思ったよりカンタンに作れるQRコード。

うまくデザインに取り込めば、名刺を渡す方も、渡される方にもメリットしかありません。

QRコード名刺はきっとあなたのSNSやブログへのアクセスが増えるはずですし、仕事の受注も増えることでしょう。

QRコードとデザインをうまく両立させた素敵な名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

ナカガワ
ナカガワ
作るのに困ったら相談乗りますよ!ツイッターから話しかけてください

今回紹介したフレームや名刺用アイコンはこちらからダウンロードできます。

ぜひ自由に活用して、最高の名刺を作ってください!

今なら公式サイトでもらえる「クーポンコード:D035VU」を使うと、500円オフで名刺を作ることができます!有効期限は10月31日(木)まで。お見逃しなく!

\ QRコード名刺をカンタンに作ってみる /

ビスタプリント公式へ

4つの名刺印刷サイトをくらべる

whoo・ビスタプリント ・ラクスル・プリスタをくわしく紹介しています

くわしくみる