くらべる

名刺デザイナーがおすすめする名刺作成サイト4選 目的 料金 納期 デザイン別まとめ

名刺づくりって意外と大変ですよね。

検索でヒットするのは、ワードやエクセルを使って自作する方法広告ばかり…。それに印刷業者は選びきれないほどたくさんあります。

いざ名刺作成サイトにアクセスしても、専門用語や多すぎる用紙の中から自分にあった名刺を選ぶのは至難の技。

これではビジネス用のちゃんとした名刺がほしい時に、決め手がなくて選びきれないのも当然だと思います。

ナカガワ
ナカガワ
僕のお客様でも困っておられる方が多いです。

僕は年間80枚以上の名刺を作っている名刺デザイナーです。

お客様はフリーランスの方や、個人経営のカフェを営んでいる方、めずらしいお客様ですと、プロの大道芸人さんまで。

そんな仕事の中で、これまでにたくさんの名刺作成サイトを使ってきました。有名なところでは「ラクスル」や「ビスタプリント」、さらには町の印刷屋さんのサイトなど…。

ここだけの話、どのサイトを選んでも満足できるんですが、それではデザイナーとしてあまりに無責任な結論というもの。

ということで、僕自身の経験と失敗をもとに、あなたの時間とお金のムダをなくす、名刺作成サイトを紹介します。

目次

名刺デザイナーがおすすめする4つの名刺作成サイト

仕事としてたくさんの名刺をデザインしていると、いろんな印刷業者を使います。その中でもクライアントさんに評判のよかった名刺作成サイトを4つ紹介しましょう。

デザイン・料金両方をこだわるならビスタプリント

安く大量に作るならラクスル

おしゃれさにこだわるならwhoo

今すぐほしいならプリスタ。

選んだ基準は3つ。

デザインになじみがなくても、カンタンに操作できる「デザインテンプレート」が充実していて、作るのに時間がかからないサイト。

ナカガワ
ナカガワ
直感的に操作できるテンプレで名刺をデザインすると、これがけっこう楽しいんですよ。

もちろん仕上がりのクオリティが高いサイトだということも重要なポイントです。

そして専門用語がなるべく少なくて、印刷にくわしくないあなたにも優しいサイトだということも外せません。

まずあなたに決めてほしいのは、何にこだわるのかということ。

  • 値段を最重視!
  • 明日には手元にほしい!
  • オシャレな名刺で差をつけたい!
  • ペラペラな名刺はイヤだ!

など、求める条件は人によって違いますよね。

あなたの名刺選びのヒントになるポイントをまとめました。

  1. 用途
  2. 料金
  3. デザイン
  4. 納期
  5. 品質
  6. 総合評価
ナカガワ
ナカガワ
詳しいランキング・情報はこのあとすぐ!

ぜひこの記事を参考に、あなたの使いやすい名刺サイトを見つけてください!

名刺デザイナーがおすすめするネット印刷サイト用途別まとめ

名刺は誰かに渡してなんぼ。

まずは用途別に見ていきましょう。

それぞれの名刺ネット印刷サイトの特徴が分かるまとめとなっています。

おしゃれでシンプルなデザインの名刺がほしいなら「whoo」

whoo公式サイトトップ

「whoo」の最大の特徴は、洗練されたデザインテンプレートでしょう。

それもそのはずで、世界中のデザイナーがwhooオリジナルのテンプレートを作っているのです。 

MINI
CUBE
standard

名刺とは思えないほどの、おしゃれさですよね。

この優れたデザイン性を活用して、こんな使い方はいかがでしょう。

whoo名刺の使い方
  • 人とは違う個性的な名刺を持ちたい!
  • セルフブランディングの1つとして
  • ここぞ!という時に配る1枚として

おしゃれでミニマルな名刺を、公式サイトから作ることができるので、「デザイナーに頼むのはちょっと大げさかな…。」という人にもおすすめです。

詳細ページwhoo公式サイトをみる

ビジネス・副業向けなど万人向けておすすめできる「ビスタプリント」

「ビスタプリント」はデザイン性・品質・料金のバランスが整った、誰にでも使いやすい名刺ネット印刷サイトです。

紹介する4つのサイトで1番おすすめできるのが、この「ビスタプリント」なんですね〜。

ビスタプリント名刺の使い方
  • ある程度かっちりとしたビジネス用に
  • 遊び心とインパクトを残したい副業用に
  • SNSやWEBサイトとデザインを連携したい人に

ブロガー名刺としても人気が高く、SNSでは「ビスタプリントで名刺を作った!」という、つぶやきを多く見ることができます。

詳細ページビスタプリント公式へ

とにかく安く・大量にほしいならバラまき用名刺「ラクスル」

大量に作っておき、たくさんの人が集まるセミナーや交流会でバラまく用として使うのはどうでしょう。

とにかく低価格なので、手軽に作りやすいのが「ラクスル」の魅力です。

ラクスル名刺の使い方
  • 交流会やオフ会など、気軽に渡せるように
  • いつもは必要ないけど、時々イベントで使う
  • とりあえずお試しで作ってみたい
  • ゲームイベント・コスプレイベントなどで

副業をはじめたばかりの人や、趣味でときどき配る人など、これから人脈を広げていきたいという人にピッタリな名刺です。

ラクスル公式サイトへ

16時までの注文で当日出荷!今すぐに名刺が必要なら「プリスタ。」

「やばい!週末に趣味のオフ会があるけど、名刺持ってない!」

僕は1度こんな経験をしたことがあります。

名刺交換をして盛り上がる、他の参加者を横目に、悔しい思いをしました。

そんなことが、今後あなたにも起こるかもしれません。

プリスタ名刺の使い方
  • とにかくすぐに必要なとき
  • 名刺が切れたときの予備として

「プリスタ。」は16時までの注文で即日発送ができてしまうという、驚きの納品スピードが特徴。

万が一のために心強い、名刺ネット印刷サイトなのです。

プリスタ公式サイトへ

名刺ネット印刷サイトの料金別おすすめ

名刺を選ぶ大きい基準の1つが、やはり料金ですよね。

基準にした要件は以下の通り。

  • 100枚でいくらか
  • 1枚あたりの単価
  • 送料・税込価格で表記
  • カラー印刷である
  • オプション料金は無視

さっそくランキングです。

1位 プリスタ。 600円〜
2位 ラクスル 705円〜
3位 ビスタプリント 1598円〜
4位 whoo 5486円〜

このランキングは2019年5月現在のものです。
また100枚あたり・送料・消費税を含んだ料金を比較しています。

この4つのを単純比較すると「プリスタ。」が1番となりました。

2位の「ラクスル」とは105円の差。

どちらもそこまでの差はないと言えますので、あとは品質や納期との兼ね合いで決めるとよいでしょう。

1位:600円〜「プリスタ。」

「プリスタ。」の料金形態は6つのプランによって変わってきます。

  • ライトプラン
  • スタンダードプラン
  • スタンダードバリュー
  • スタンダードプロ
  • プレミアム
  • デラックス

正直ややこしいので、今回は「ライトプラン」に絞って紹介しましょう。

枚数 税・送料込み価格 1枚あたりの価格
100 600円 6円
200 940円 4.7円
300 1280円 4.3円

このランキングは2019年5月現在のものです。
送料(ネコポス)・消費税を含んだ料金を比較しています。

注目したいのは、1枚あたりの価格。

100枚よりも、200枚印刷すると、格段に1枚あたりの価格が下がっています。

コストを追求するなら、多めの枚数で注文する方が、お得に作ることができますね。

プリスタ公式サイト

ちなみにモノクロ片面印刷の場合の最安値は、なんと400円から(税・送料込み)!

この値段に勝てるサイトは、他には見つけにくいですね。

2位:705円〜「ラクスル」

ラクスルの価格は、商品の発送日時で大きく変わってきます。

上の画像は、ラクスルの料金表。出荷日によって、価格が大きく変わることがわかるでしょう。

  • 2営業日後の出荷:1200円(税抜き)
  • 7営業日後の出荷:463円(税抜き)

そうなんです。ラクスルを安く利用するには、納品に余裕を持たせるのが基本なのです。

というわけで、「7営業日後の出荷」の価格表です。

枚数 税・送料込み価格 1枚あたりの価格
100 705円 7円
200 1177円 5.8円
300 1663円 5.5円

このランキングは2019年5月現在のものです。
送料(メール便)・消費税を含んだ料金を比較しています。

ラクスルも負けじと安いです。

100枚印刷して1000円でおつりが来るというのは、やはりインパクトがありますね。

まさにバラまき放題です。

とにかく大量に作って、ガシガシ人に会うんだ!という人に本当におすすめです。

ラクスル公式サイト

3位:1598円〜「ビスタプリント」

上位2つのサイトから、倍以上の価格差をつけている「ビスタプリント」です。

枚数 税・送料込み価格 1枚あたりの価格
100 1598円 16円
200 2138円 10円
300 2678円 9円

このランキングは2019年5月現在のものです。
送料500円・消費税を含んだ料金を比較しています。

少々高くなってきましたが、まだまだ気軽に手に入る値段です。

後ほどお伝えしますが、値段と料金のバランスを見たときの、コストパフォーマンスは「ビスタプリント」が最強です。

品質にもしっかりとこだわりたい場合には、うってつけだと言えます。

ビスタプリント公式へ

4位:5486円「whoo」

whooの料金で注意したいのは、最低印刷枚数が20枚からということ。

このサイトでは100枚を基準に比較していますので、お間違えのないように。

それでは、最低印刷枚数20枚からの価格を見ていきましょう。

枚数 税・送料込み価格 1枚あたりの価格
20 3834円 191円
50 4946円 98円
100 5486円 54円

このランキングは2019年5月現在のものです。
送料・消費税を含んだ料金を比較しています。

注目は1枚あたりの価格です。

20枚だと191円に比べ、100枚まとめて印刷すると54円となります。

つまり、20枚・50枚など、中途半端な枚数を作るよりも、思い切ってたくさん作る方が、コストは下げることができるということになります。

whoo公式サイトをみる

「whoo」ははっきりとそれと分かる、高価格路線です。

もちろん、その分の洗練されたデザインや品質の良さは折り紙つき。

まさに使う人を選ぶ「ブランド名刺」だと言えます。

名刺ネット印刷サイトのデザイン別おすすめ

名刺のデザインは渡した相手の印象を左右する大事なもの。

名刺デザイナーである僕が、おしゃれなデザインテンプレートを提供してくれる順にランキング化しました。

基準は以下のようにしています。

  • デザインテンプレートの数
  • デザイナーである僕の主観

ランキングはこちら。

テンプレート数 僕の主観
1位 whoo 約700種
2位 ビスタプリント 約5000種
3位 ラクスル 約240種 ×
4位 プリスタ。 約680種 ×

このランキングは2019年5月現在のものです。

僕は圧倒的に「whoo」を支持します。

テンプレートのおしゃれさと洗練度は、群を抜いて素晴らしいです。

そのクオリティの高さは、デザイナーである僕も悔しいほど。

おしゃれさ・センスの良さを重視するあなたは「whoo」ならきっと満足できるでしょう。

1位:「whoo」

僕自身も、シンプルなデザインにひかれて購入してしまうほど、おしゃれなデザインが豊富な「whoo」。

デザインテンプレート数 約700種

「whoo」のデザインセンスははっきり言って、ズバ抜けています。

その理由は、世界中のデザイナーから提供されたデザインを使っているから。

これらのデザインを自分流にカスタマイズすることで、カンタンにおしゃれな名刺を作ることができます。

これまでのネット印刷サイトのクオリティの低さに、ガッカリしていたあなたも、きっと納得できるはず。

いくつか見てみましょう。

シンプルなものから、カラフルで個性的なもの。

バリエーションは、たくさんあることがわかると思います。

参考:デザイナーが選ぶ名刺サイトwhooのおすすめテンプレート10選

おしゃれすぎるので、名刺を渡した相手の印象に、強く残りやすいです。

2位:「ビスタプリント」

「ビスタプリント」のデザインも、良いものがたくさんあります。

デザイナー目線で見ても、使い勝手の良いデザインがちらほら

デザインテンプレート数 約5000種

テンプレート総数は、4サイト中最大の約5000種類もあります。

また、さまざま業種やテーマで分類してあるので、あなたに合うものが見つかるはずです。

こちらの記事では、実際に僕がテンプレートを使ってデザインした時の様子を見ることができます。

参考:【名刺デザイナー直伝】ビスタプリントのテンプレートを使ったおしゃれな名刺の作り方

3位:「ラクスル」

ラクスルのテンプレートは、ビジネス向けの落ち着いたものが多いです。

デザインテンプレート数 約240種

はっきり言うと、デザインが少々古臭い…。

ラクスルは、自分で用意したデザインデータを入稿して、印刷だけお願いするという使い方が正しい使い方だと言えます。

 

4位:「プリスタ。」

デザインテンプレート数 約680種

こちらも3位の「ラクスル」と同じように、テンプレートを使うのではなく、自分のオリジナルデータを入稿する使い方がメインになるでしょう。

お世辞にも、デザイン性に優れているとは言いにくいです。

割り切って、安さや出荷の早さを重視するべきです。

名刺ネット印刷サイトの納期別おすすめ

名刺はビジネスやオフ会などになくてはならないもの。

ですが、ついつい用意するのを忘れてしまいがち。

「週末には大規模なオフ会がある!」や「3日後にクライアントとの初顔合わせ」という急を要する場合は、いかに早く出荷してくれるかが大事です。

以下の基準でランキング化しました。

  • 標準の出荷日の目安
  • 追加料金でどれだけ出荷を早くできるか
最速出荷日数
1位 プリスタ。 16時までの注文で当日
2位 ビスタプリント 注文確定後4〜5営業日
3位 whoo 注文確定後5営業日
4位 ラクスル 注文確定後2〜7営業日

このランキングは2019年5月現在のものです。

1位の「プリスタ。」はなんと、その日の16時までの注文で、当日中に発送してくれます。しかも追加料金なしでこのスピード。

「急に名刺が必要だ!」という場合では、「プリスタ。」の右に出るサイトはありません。

1位:「プリスタ。」

注文後の出荷予定日 16時までの注文で当日出荷
追加料金 100枚・540円で17時まで延長

追加料金なしで当日出荷というのは、驚きです。

対応している配送方法は「宅配便・ネコポス・クロネコDM便」の3つ。

中でもネコポスを使えば、短で翌日には手元に届くというのはすごいですね。

ちなみに土曜日は12時までの注文分を当日発送してくれます。

自分で取りに行く方法も

そして、店舗に直接取りに行くという方法もあるんです。

10:00までのご注文14:00仕上げ

15:00までのご注文17:00仕上げ

土曜日は取りに行けませんので、注意してください。

大阪市内に限り当日便もある

「プリスタ。」は大阪の名刺印刷業者ということもあり、大阪市内に限り、自転車便にて当日に届けてくれます。

お昼の便9:00までのご注文14:00~17:00配達

夕方の便14:00までのご注文17:00~20:00配達

土曜日12:00までのご注文17:00~19:00配達

とにかくスピード感を重視した名刺印刷サイトです。

急いでいる場合は「プリスタ。」一択です。

2位:「ビスタプリント」

注文後の出荷予定日 注文確定後4〜5営業日
追加料金 864円で翌営業日出荷

ここからは体感的には、どれも大差はないです。

名刺印刷は基本的に注文後、4〜7日程度での発送となるケースがほとんどです。

追加料金を支払うかどうかで、出荷日を早めることはできますが、僕個人的にはナンセンスかなぁと思ったりします。

名刺は余裕を持って発注するべきだと思うのです。

その方が吟味できますし、何よりもコストを抑えることにもなります。

どうしても!という場合は「エクスプレス出荷」で翌日に発送してもらいましょう。

3位:「whoo」

whooの発送目安は5営業日とゆっくりめ。一般的な発送スピードです。

whooの場合はクオリティを保つという意味もあり、即日発送には向いていませんね。

注文後の出荷予定日 注文確定後5営業日
追加料金 500円で3営業日後の出荷

500円をプラスすることで、3営業日に早めることができますが、そんなに変わらないので、気長に待ちましょう。

4位:「ラクスル」

ラクスルは何もしなければ、7営業日後の出荷になります。

価格を安くする代わりに、出荷はゆっくりめ、と覚えておきましょう。

注文後の出荷予定日 注文確定後7営業日
追加料金 134円で5営業日
337円で3営業日
773円で2営業日

さらに早く届けてもらいたい場合は、追加料金をプラスしていく方式です。

ちょっと割高感が出てしまうので、ラクスルは時間の余裕を持って注文しましょう。

名刺ネット印刷サイトの品質別おすすめ

続いては、印刷と紙質のランキングです。

いくら安くて、デザインが優れていても、紙がペラペラだったり、印刷がかすれていたら、どうしようもありません。

ここでの基準はこんな感じです。

  • 実物を見た僕の主観
  • 印刷用紙のバリエーション
  • ネット上のクチコミ
僕の主観 印刷技術 用紙
1位 whoo 7種類
2位 ビスタプリント 6種類
3位 ラクスル 8種類
4位 プリスタ。 50種類以上

このランキングは2019年5月現在のものです。

品質面では「whoo」に軍配が上がります。

まさに「whoo」というブランド名刺だと言えます。

そして2位の「ビスタプリント」も負けていません。

料金とのバランスを考えると、むしろ「ビスタプリント」の方が、コスパとしては良いです。

1位:「whoo」

「whoo」で名刺を作るというのは、ステータスとも言えるレベル。

それくらい名刺の品質は高いです。

持ってみるとわかりますが、分厚い紙に印刷してあり、手に持った時の重厚感は格別です。

ネットでのwhooの評判

2位:「ビスタプリント」

発色も良く、文句の付け所はありません。

ですが、1番やすい、デフォルトの用紙で作ってしまうと、少々ペラペラ感があります。

見栄えを良くするには、もう1つランク上のものにするか、光沢仕上げにすると一気に高級感がでる仕上がりになります。

ネットでのビスタプリントの評判

3位:「ラクスル」

ラクスルの印刷と紙質は、ちょっと気になる点があります。

1つ1つを比べてもみると、明らかに色のムラが見てとれます。

1枚1枚たくさんの人に配ると考えれば、対して気になりませんが、それでもデザイナーとしては気になるところ。

やはり品質よりも、料金にコミットする名刺だと言えます。

ネットでのラクスルの評判

https://twitter.com/ninomiya_hy/status/1122068262643097601

4位:「プリスタ。」

プリスタ。もラクスルと同じく、品質よりも料金と納品スピードに重きを置いているサイトです。

身もふたもないのですが、最安値で品質に期待するのは間違っています。

質を上げるには、追加料金で、より高価な用紙にしないといけません。

コストとのバランスを見て、判断しないといけないので、印刷技術・用紙の知識がないと、正直難しいところです。

ネットでのプリスタ。の評判

https://twitter.com/2525monastyle/status/1090827595501817856

名刺ネット印刷サイトでもっとも使えるのは?総合評価おすすめ

ここまでで5つの評価軸で4つの名刺ネット印刷サイトを比較してきました。

最後のランキングでは、「用途別・料金・デザイン性・納期・品質」。

これらすべてをひっくるめて、僕自身が友人や知り合いのクリエイターにおすすめするなら!という基準で、決めさせていただきましょう。

判断基準は以下の通り。

  • 名刺デザイナーが自信を持っておすすめする名刺サイト

かなり悩みましたが、ランキングは以下の通り。

1位 ビスタプリント
2位 whoo
3位 ラクスル
4位 プリスタ。

このランキングは2019年5月現在のものです。

やはり料金や品質やデザイン性が高水準である「ビスタプリント」がおすすめ。

とにかくバランスがいいんですよね。

もしあなたが、この4つの中で迷っているとしたら、「ビスタプリントで作れ!」と即答させていただきます。

1位:「ビスタプリント」

おすすめ度
おすすめポイント 料金・品質のバランスが良すぎる
価格 100枚1598円〜
デザイン性 シンプルからゴージャスまで豊富なバリエーション
テンプレート 約5000種類
納期の目安 注文確定後4〜5営業日
どんな人におすすめ? 個人事業主・副業をしている人

ビスタプリント公式へ

2位:「whoo」

おすすめ度
おすすめポイント とにかくおしゃれで、センスが良い
価格 100枚5486円〜
デザイン性 世界中のデザイナーによる一級品
テンプレート 約700種類
納期の目安 注文確定後5営業日
どんな人におすすめ? セルフブランディングをしたい個人事業主

3位:「ラクスル」

おすすめ度
おすすめポイント 料金が安く、手軽に買える
価格 100枚705円〜
デザイン性 ビジネス感の強い定番のものが多い
テンプレート 約240種類
納期の目安 注文確定後2〜7営業日
どんな人におすすめ? ブロガー・趣味用・学生用

ラクスル公式サイトへ

4位:「プリスタ。」

おすすめ度
おすすめポイント 納品が早い!今すぐにほしい人へ
価格 100枚600円〜
デザイン性 あまり使えるデザインはない
テンプレート 約680種類
納期の目安 16時までの注文で当日
どんな人におすすめ? とにかくい急いでいる人

名刺サイト4選おすすめ -まとめ-

ネットでカンタンに作れる名刺サイト。便利な反面、どこを選んだらいいのかなかなか決め手がないですよね。

気持ちはめちゃくちゃ分かります。

名刺デザイナーをしていると、たくさんのネット印刷サイトを使います。

今まで名刺をデザインさせていただいた中で、お客さんに好評価だった名刺ネット印刷サイト4つを特徴別にまとめました。

この4つのサイトの特徴をまとめました。

ラクスル whoo ビスタプリント プリスタ。
料金 ×
納期
品質
デザイン

最後に名刺デザイナーとしてひとこと。

名刺はどれか1つのネット印刷サイトを決めるのではなく、用途や予算によって決めるのが1番失敗が少ないです。

ぜひこの記事を参考に、あなたの使いやすいネット印刷サイトを見つけてください!